一般社団法人 食の学問体系化研究所



食の検定・食農2級取得までの間に、日本の食と農に関する基本的な事柄を、知識としてマスターされています。これらの知識を日々の中で活用し、他者にも提供していくこと、そんな知識の運用が、食農1級のテーマです。取得者の人物像としては、日本の食・農に関する見識を持つ人。知識を実践に役立てられる人、知識を他者に提供できる人。これらを問うための、筆記試験・小論文・課題提出にて試験は構成されます。

※2021年の1級検定スケジュールは2021年4月以降となります


【指導者として知識を活用する】

・食と農に関する知識を日々の生活で活用し、指導者として他社にも提供していく、地域社会や職場のリーダー、食育の指導者を目指す人。

・食農2級合格者(必須)
食農1級 検定試験
受験資格 食農2級合格者
実施 ●個人受験 年1回(会場受験&団体会場受験。近日中に掲載
取得者の人物像・スキル 日本の食・農に関する見識を持つ人。知識を実践に役立てられる人、他者に提供できる人。
レベル 指導者レベル
試験構成 ■当日試験(2部構成)
【前半】
筆記試験 マークシート方式 65問 70分 【65点満点】
出 題:「食の検定・食農1級公式テキストブック」および
食と農にかかわる時事※ ※法律・制度、政策・施策、最新研究、動向等

【後半】
小論文 60分 【20点満点で4段階評価】
小論文のテーマは、試験回ごとに異なり、テーマおよび論じるにあたっての規定は試験当日の配布資料にて発表します。出題は、食の検定・食農級各級取得(1級含む)において学んできた食と農に関する事項が対象となります。

■提出物(選択制)
下記4つの課題から1つを選択しレポートを作成の上、提出 
【15点満点で4段階評価】
課題@地域食材の発掘
課題A献立立案
課題B食育活動の報告と自己評価
課題C「各回限定課題」※食農1級検定試験実施回ごとに限定的に設ける課題です。
各課題と、食の検定が配布する書式に従い作成していただきます。課題@〜Bについては固定、課題Cについては社会問題など時々にふさわしいと考えるテーマを掲げます。
合格点 70点以上


A)一般団体受験&個人受験の場合 口座へのご入金金額:11,000円(税込)
B)賛助会員受験の場合 口座へのご入金金額:8,800円(税込)
C)学生団体受験の場合 口座へのご入金金額:7,700円(税込)
1級の検定試験の開催スケジュールにつきましては、今しばらくお待ちください。

a)食の検定公式テキストブック1級 口座へのご入金金額:3,300円(税込)
b)食の検定公式テキストブック1級(事前要確認)
【30冊以上】ご入金金額:2,970円(税込)× 人数分


Copyright 食の学問体系化研究所. All Rights Reserved
〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-16


google