食育とは

  • 生きる上の基本であって、知育、徳育及び体育の基盤となるべきもの。
  • 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること。

   「食」における現状は、私たち個人の問題というだけではなく、 我が国の社会全体の問題として放置しておくわけにはいきません。 そこで、これらに対する抜本的な対策として、国民運動として 食育を強力に推進するための法律が制定されました。 それが食育基本法です。

食をめぐる現状

  • 「食」を大切にする心の欠如
  • 栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加
  • 肥満や生活習慣病(がん、糖尿病など)の増加
  • 過度の痩身志向
  • 「食」の安全上の問題の発生
  • 「食」の海外への依存
  • 伝統ある食文化の喪失

出典元:内閣府
食育推進担当ホームページ http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/

朝食の欠食率(子供・大人)

朝食の欠食率(子供・大人)

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)

メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)

食育は国民運動

  一人ひとりが食に対する正しい知識を学び、日々の 生活で、生かしていくことが大切です。 食育推進に取り組む人の『力』に なるために。食育を国民一人ひとりが 実践できるようにするために生まれた、 検定形式の食育事業。 それが食の検定です。

 このページの先頭へ