農村活性化人材育成派遣支援モデル事業
「田舎で働き隊!」研修への参加申込について

「今回の研修への参加募集は終了しました。 多くの皆様からのお申込みありがとうございました。」

今回の研修の模様は、こちらからご覧いただけます。
『食の検定・田舎で働き隊!ブログ』

この度、食の検定協会では、愛知県田原市及び豊橋市にて、農林水産省「田舎で働き隊!」事業の補助を得て、短期の農作業研修を実施します。
「田舎で働き隊!」は、農村の自立的な地域活性化を担う人材の育成、確保を趣旨とした事業で、今回は、期間が短いながらも、基本的な農業実習体験や地域の方々との交流・ふれあい等を通じて、農産物を育む楽しさや喜び、農業ビジネスの可能性や期待等を「体感」することで、1つでも何かを「体得」して帰っていただきたいと考えています。
また、農山村を正しく理解するには、良いことのみ、楽しいことのみをお伝えしても仕方がないと食の検定協会では考えています。農村部で生きることの厳しさ、農業ビジネスの難しさ(苦労)も包み隠さずあえて披露することで、研修参加者のみなさんには是非「真の農山村の理解者」となっていただければ幸いです。
どうぞこの研修を、農作業に本格的に取り組まれる入り口、農山村で暮らすきっかけとして下さい。

「田舎で働き隊!」事業の詳細はこちら

研修内容について

食の検定協会では、愛知県内で農業ビジネスに多くの実績を有するイシグログループとの連携・協力のもと、環境に負荷を与えず、かつ農業者の経営が永続的に成り立つ一過性ではない、真に研修参加者に「田舎で働きたい!」と思っていただける「持続可能な農業」の実践をめざします。
そのため、短期研修では農業(栽培技術等)の最低限の知識を身につける作業を中心に、入門編として農山村の現状や機能、役割等まで正しく理解していただくよう、関心を抱いていただきやすい内容とします。
加えて、食の検定協会ならではの展開として、「農」をテーマとした食育についても、一連の研修プログラムと関連づけた中で展開していきます。

研修内容
研修期間 研修グループ① 3月15日(日)〜22日(日)
研修グループ② 3月22日(日)〜29日(日)
研修場所 愛知県田原市及び豊橋市(くくむ農園イシグログループ農用地
研修概要 農山村学習、農作業体験、収穫・出荷(管理)、農産物直売所での販売体験、農家等との懇親・交流、食育学習 等
研修内容の詳細はこちら
研修待遇 <旅費・宿泊費>
研修場所への旅費及び現地での宿泊費は最大15万円まで当方でお支払い致します(ただし、各人要した実費のみ)
<日当>
研修活動費として7千円/日(×8日分=56,000円)を当方からお支払い致します
<支払方法>
事業終了後、参加者の口座に振り込みます
<保険>
事故・ケガに備えて短期の傷害保険に加入します
参加費 特になし(上記の研修待遇の通り)
持ち物 筆記用具、印鑑、農作業に適した動きやすい服・靴、雨具(カッパ)、軍手 等
その他 食の検定協会では、今回の事業への取組みを今後につなげていきたいと考えています。今回の事業への参加をきっかけに本格的に「田舎で働きたい!=農業に取り組みたい!」という方に対しての研修特典として以下のような様々な「アフターフォローを行う体制」を設けています。
*生産・栽培分野(施肥・防除理論、圃場整備理論、ハウスメンテナンス等)
*販売・情報分野(販売計画・マーケティング、情報収集方法、PC指導等)
* 経営分野(経営診断・経営改善、労務計画・管理、補助金・税金対策等)

アフターフォローの詳細はこちら

応募及び選考について

応募及び選考内容
応募対象 18歳以上の健康な方であればどなたでもご応募いただけます。
男女や立場(学生・社会人・定年退職者など)は特に問いません。
ただし、農業に対してやる気のある方、本気で農山村暮らしを始めたい方、農業や農山村に携わる仕事がしたい方などで、下記の研修グループ①及び②いずれか8日間の研修全行程に参加できる方を求めます。
募集定員 10名(研修グループ①…5名、研修グループ②…5名)
応募期間 研修グループ① 平成21年3月6日(金)〜10日(火)
研修グループ② 平成21年3月6日(金)〜16日(月)
応募方法 応募期間内に「研修参加申込書」に記入・作成の上、メールでお送り下さい
選考方法 応募期間内にお送りいただいた「研修参加申込書」によって書類(第1次)選考を行い、書類選考に通過された方には電話面接(第2次)を実施、研修参加決定者には翌日ご連絡致します。
選考時期 研修グループ①
第1次…10日(火) 第2次…11日(水) 通知…12日(木)
研修グループ②
第1次…16日(月) 第2次…17日(火) 通知…18日(水)

【事務局(お問合せ先)】

<東京本部> 一般社団法人食の検定協会 「田舎で働き隊!」担当:池澤
〒102−0082 東京都千代田区一番町22−1 セントラルビル5F
電 話:03(3261)4919
FAX:03(3556)8721
メール:inaka@syokuken.jp
URL:www.syokuken.jp

 このページの先頭へ